包茎を治療したい理由

包茎をコンプレックスに感じている男性は、包茎手術を受けたいと思うのが当然かもしれません。
ペニスは男性にとって非常に重要な部分であり、悩みを抱えている人も多いからです。

しかし本当に手術をする必要があるかどうかは慎重に判断するようにしましょう。
包茎は不潔だと思っている人もいると思います。
確かに包茎によって性病にかかりやすくなるということもあるようです。
しかし日本人の大半は仮性包茎の状態だと言われています。
そのため考え方によっては日本人のペニスは不潔だということになります。
もちろんそんなことはありません。気をつけて手入れをしていれば、清潔に保つことができます。
逆に手術によって包茎を治療したとしても、手入れ次第では不潔になってしまうのです。
包茎は女性に嫌われると思っている人も多いでしょう。
しかし本当にそうでしょうか。臭いがきついなどの理由で包茎を嫌う女性はいるかもしれませんね。
しかし性行為時には包茎はいい役割を担っていることもあります。
なめらかなピストン運動ができるのは包皮のおかげなのです。
場合によっては女性に痛みを感じさせてしまうかもしれません。
包茎は早漏だと言われています。
亀頭が包皮に覆われていることによって、外部からの刺激に弱いからだと思うかもしれません。
しかし実際には包茎と早漏の関係は証明されていません。
早漏は心的な要因がほとんどなので、コンプレックスに感じているから早漏なのかもしれません。
手術によって自身を取り戻すことができれば、早漏は改善されるかもしれませんね。
見た目を改善するために包茎手術を受けるという人は、一度考えなおしたほうがいいでしょう。
包茎を恥ずかしいと考えるのは日本独特の文化ですし、女性との関係によって包茎であることは何ら問題ではなくなります。
真性包茎のように保険が適用される治療は積極的に行ったほうがいいですが、仮性包茎の状態であれば、手術を受ける必要はないかもしれません。

手術に踏み切れない方に仮性包茎矯正器具

日本人の多くは仮性包茎と言われています。
そのため非常に多くの人が、仮性包茎に悩んでいるのです。

そんな人達に知ってほしいのは、仮性包茎矯正器具というものです。
包茎に悩んでいる人も手術を受けるとなると、踏み切れないという人が多いでしょう。
そんな人にはこの矯正器具をおすすめします。
この矯正器具を利用することができるのは基本的には仮性包茎の人のみです。
真性包茎の人は利用することができません。
また、手術を受ければ直ぐに治療をすることができますが、矯正器具を利用する場合には時間をかけてじっくりと治療をすることになります。
では矯正器具にはどのようなものがあるのでしょうか。
矯正器具を利用する目的は、余った包皮が剥けた状態に癖をつけるというものです。
時間をかけて癖をつけることによって、通常時にも包皮が剥けた状態にすることができます。
手術は直ぐに治療をすることができますが、リスクも伴います。
矯正器具を利用した治療のほうが、リスクは少なくて済むでしょう。
しかしもちろんリスクがないわけではありません。
安全性がかけている器具を利用すると、結果的に包茎を悪化させるかもしれません。
また、矯正器具を装着して生活することもあるので、ばれてしまうと恥ずかしい思いをするかもしれませんね。
しかし手術をうけるほどのリスクや費用はかかりません。
時間をかけてでも自分の力で治療をしたいという人は、矯正器具を探してみてもいいでしょう。
医師に相談しておすすめの器具を販売してもらうのもいいかもしれませんね。

更新情報